タブレットを買取り前にやっておく事

5 1月

タブレットを買取り前にやっておく事

タブレットを売りたいと思った時に、タブレットが故障していなくても買取出来ないケースがあります。
ではタブレットを買取りに出す前に、やっておきたい注意点について紹介します。

タブレットの状態確認をしよう

タブレットを中古でも欲しいと考える人は、タブレットの本体に新機能が備わっていないとしても、OSは最新のものがアップデートされている事を望みます。
そのため最新のものをアップデート出来ないタブレットは、買取対象にならないので注意しておきましょう。

つまり最新のものをアップデート出来ないぐらい発売年数が古いタブレットは、正常に作動しても価値がないと判断されるので、タブレットをほとんど使用していないという人は、出来るだけ早い段階で買取に出す事をオススメします。

あとはタブレットの中には様々な個人情報が含まれています。
あなた自身、個人情報が流出したら困りますよね。
なので買取時には、必ず初期化を行い、データは全て消しておくようにして下さい。

そしてタブレットは相場価格が5万円前後とパソコンに比べてリーズナブルな価格なので、クレジットで一括払いで購入する人も多いかもしれません。ですが中には金銭的に余裕がなくて分割払いで支払っている人もいますよね。

もし分割払いが完済していない状態で、タブレットを買取に出そうとしても買取する事は出来ません。
なぜかというと分割で完済するまでは、そのタブレットの所有権はクレジットカード会社にあると判断されるからです。
タブレット買取時には、電源を入れて初期化されているか、正常に作動しているか、OSはアップデートされているかの確認作業が行われます。そのため必ずバッテリーのチャージを忘れないようにして下さい。

関連する記事